« 忘れられない一服 | トップページ | 春、囁く »

2007年1月31日 (水)

糸巻き

Photo_52 ただいま、三味線を修理中。写真の<糸巻き>というものを新調しております。その名のとおり、三味線の糸を巻き上げるための杭のようなもので、素材は黒檀。音階や調子は、この端正な棒にかかっています。そんなプレッシャーを一手に引き受けるためか、知らず知らずのうちに木が削れて細くなり、緩みやすくなってしまいます。そのたびに、少しずつ本体を削り込んだり、穴の位置をかえて調整。糸巻きを見ると、使い込み方がわかるのですが、私の三味線は相当頑張ってきたことをこの糸巻きが語っています。現在70代になる方から譲り受けたため、新しいものに比べて1~2cmも短い。それほど削り込んで長年使ったという証。そう思うと、この数十年ものの糸巻きがとてもいとおしい物に思えます。

私の手元に着てから早2年の三味線。最初は胴掛けを新調し、昨年の暮れには一の糸を響かせる<さわり>というものをつけ、今度は糸巻きを新調。どんどん生まれ変わって“わたし仕様”になっていきます。和の道具に触れているとふと考えさせられます。使い込むごとにどんどん良くなっていく物、つまりは、使い捨てではない物の命について。

|

« 忘れられない一服 | トップページ | 春、囁く »

コメント

本日、歌舞伎座に歌舞伎を観に行き、
浄瑠璃のよこで演奏してる方々の
三味線を眺めてて、、、、、、
「おぉ、、糸巻きとはあれのことか!!!」
と、理解したタマでした。

舞台の上の糸巻きも年季入ってるんだろうなぁ~
なんて思いつつ。。。

タマブログに、わざわざ「点てる」の説明を
書いてくれてありがとうございました!!!
毎日、KIKOさんのブログにチェック入れてますよ~
(タマって本当に暇人??)

本の出版に向けての取材で多忙なのかしら??
と、思いつつ、
素敵な記事がUPされるのを楽しみにしてます。

お仕事頑張ってくださいね~☆

投稿: タマ | 2007年2月 6日 (火) 22時08分

タマさんありがとうございます!忙しさにかまけて、1月はかなりブログをおさぼり気味でした。季節のうつろいを感じて書きたいことがやまほどたまっています。これからも宜しくお願いします。

投稿: kiko | 2007年2月11日 (日) 15時32分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糸巻き:

« 忘れられない一服 | トップページ | 春、囁く »