« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月22日 (月)

イタリア帯展へ

Photo 目白の花邑へ「イタリアの至宝展」を見に伺う。あまりにもベタですが・・・イタリアカラーのコーディネートに。ヴェネツィアのアクセサリー作家による、帯留めがとても洒落ていた。アンティークのガラスビーズを主役に、ワイヤーでフレーミングしたモダンなデザイン。帯留めとしてはもちろん、帯飾りや羽織紐のアクセントなど、様々な使い方ができそうだったので、一つオーダーしてきた。店頭に並んでいる商品ではなく、表と裏のビーズの色を好みでカスタマイズしてきたのだが、果たして気まぐれなイタリアの職人はイメージどおりのものを仕上げてくれるだろうか?夏の装いに涼やかに映えるので、今から出来上がりが楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

横長一筆箋

Photo_3 お気に入りの文具雑貨店「アンジェ ラヴィサント新宿店」で見つけた横長一筆箋。新宿へはあまり足を運ばないので、訪れるとついつい大人買いしてしまう・・・(反省)。これは一筆箋(無地)と横長一筆箋封筒。縦だと、なんでもない普通の印象なのだが、横になることでぐっとモダンに。名刺を渡し忘れた時など、後からさらりと送る場合などに使っている。封筒の色がこっくりとニュアンスのある色なのも、洗練された印象だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

デザイン付箋

Photo_2 アンジェにて、とってもスノッブな付箋を発見。倉敷意匠計画室の付箋。使うのがもったいないような貧乏精神もあるが、使い出すとかなり楽しい。資料やノート、書籍に、シックな図形が咲いたようになって、心なしか仕事が捗る。価格は1個タイプが357円~2個タイプが462円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

取材ノート

Photo 使いやすいノートを求めて放浪する年月は、ライター歴と比例する。いつも、帯に短し襷に長し・・・なのだ。ある時期はキャンバスノートの2穴タイプにはまった。ノートの綴じ代がわにミシン目がついており、プランごとにファイリングで整理できるというシステムが気に入った。だが、整理するためのファイルがいささか嵩張る。

それからスケッチブックを使ってみたり、モチベーションがあがるようにBOOKタイプを使ってみたり、輸入ノートに凝ってみたり、またキャンバスノートに戻ってみたり。最近は無印良品のA5ノートに落ち着いていた。だがその場合、雑誌やプロジェクトごとにノートを分けなければならないため、仕事が重なると、1日に4~5冊のノートを持ち歩くことになる。それに打ち合わせノートなるものが別にある。なんだか、いつもモヤモヤしていた。

そんなとき、ベルギーの文具メーカーCADARA社の文具シリーズ「アドック・システム」のノートを発見。要はバインダー方式。表紙やリフィルノートのリング部分に切れ目が入っており、これをリングの溝にひっかけるだけという構造。バインダーのようの「バチン」と全金具を開閉することなく、スマートにパラパラとノートの増減ができるのだ。しかも、リング、表紙、リフィル、バンドゴムがパーツごとに別売もされており、好きな色合いをカスタムできるのだ。さらに、通常A5タイプなら8つのリングでとまっているのだが、これが4つでも2つでも問題なくとまる。私はA5サイズを取材用に、A6サイズをバッグが小さいときのための予備として使っている。サイズが変っても、穴の感覚が同じなので、A6サイズをA5と一緒にまとめることもできるのだ。

終わった企画は残したい部分だけストックし、持ち歩くのは現在進行形の必要な部分のみ。今は、このノートに夢中である。

ハード面はもちろん、ソフト面においても充実させたいため、ノート術なる本を読み重ねる。最近のヒットは、『東大合格生のノートはかならず美しい』(太田あや著/文藝春秋)。『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(美崎栄一郎/Hanaブックス)からも、ヒントとなる実りがあった。まだまだ、私のノート研究は続くのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

緑は万能色

100302 明日は上巳のお節句だというのに、異様に寒い。それでも、めげずにきものでお茶のお稽古へ。水色の小紋に、春の訪れを祈願するような、晴れやかな帯まわり。

ピンクとグリーンの色合わせは、私の好きなパターン。洋服ではギョッとするような色取りが、きものではハッとすることがある。きもの雑誌の仕事をしているときに、緑という色の奥床しさを考えさせられる言葉があった。「緑は植物の葉の色。だから、黄色やピンク、オレンジや紫など花にある色や自然界にある色との組み合わせを考えると万能の色なのよ」と着付けの先生が仰った。確かに、帯やきもので取り入れることは難しくても、帯締めであれば効かせやすい。

例えばこんなふうに。21 09071313 0912135 0908315 0910273

私のきものライフにおいては、かなり重宝しています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

3月は桜

3 このところ三寒四温のサイクルに突入した。桜へのカウントダウンもそろそろ始まりそうだ。3月の花御札は桜。我が家の玄関には、春の風情がポっと咲いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »