« てるてる照子 | トップページ | 寿ぎのきもの »

2011年4月16日 (土)

帯揚げひとつで

Imgp3813 久しぶりに訪れた銀座の伊勢由本店で見つけた帯揚げ。小物をひとつとっても生地の地紋から色の組み合わせに至るまで、老舗の矜持と女将さんの美意識が行き届いている。女将から伺ったもの作りの心意気と、出来上がった優雅な作品に一目ぼれをして、宝尽くし地紋の斜め暈しImgp3814のタイプをいただくことに。色合いは、私の手持ちのきものに広く活躍しそうな薄紫×ミモザ色の組み合わせをチョイス。梅紋に染められた店名も心憎い愛らしさだ。少しずつ、大切に揃えたい丁寧な物たちに出会えた悦びを大切に、心を込めて纏いたいと思った。 Imgp3815

|

« てるてる照子 | トップページ | 寿ぎのきもの »

きものまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181660/51481225

この記事へのトラックバック一覧です: 帯揚げひとつで:

« てるてる照子 | トップページ | 寿ぎのきもの »