« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月27日 (火)

フエルトの風呂敷

Imgp4065 Imgp4066 大好きなセレクトショップvektさん。この度は、フエルトの風呂敷を購入。このざっくり感がたまらない。バッグinバッグとして、ちょっとクラッチ風に、書類ケースとして・・・さまざまに活躍しそう。折り目どおりに畳むとA5サイズとなるが、A4サイズも対応できる。洋服はもちろん、ウコンの風呂敷のようでもあるので、和装にも活躍しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

クリスマス寄席

Kimg0004 クリスマスは夫と末広亭へ。お目当ての市馬さんが見られなかったのは残念だが、とにかく笑い転げた3時間。笑う行為は、本当に健康的だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

壁面ツリー

Mini_111225_0900 メンディングテープで、クリスマスツリーを壁に。気に入りのセレクトショップvektさんの真似っこ。手軽でモダン、ヘタヘタな感じも味わいに。しかも、メンディングテープのライトな粘着性ゆえに、はがす際にも跡が残らず安心である。何はともあれ、皆様メリークリスマス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

水玉づくし

Imgp4063 元来、水玉好きである。

国芳展の初日に訪れた六本木ヒルズのミュージアムショップで、草間 彌生のグッズに釘付けとなる。制作風景をおったドキュメンタリーDVDを買い、帰宅してから夢中で見る。

そんな翌日の装いがこれ。水玉きものon水玉コートon水玉マフラー!クリスマス間近の、お茶の納会だったため、帯締め&帯揚げに赤を効かせてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

1日1収納

Imgp4046 Imgp4047 女性誌で収納の取材をした。その日から、一気にお片づけモードに火がついた。「収納は片付け終わった時点がゴールではなく、暮らしながらアップデートしていくもの」という先生の言葉が、ストンと腑に落ちて毎日実践。先生曰く、持続力が大切とのこと。力尽きるまで片付け祭りをするのではなく、1回に30分と決めて毎日続けることが、きれいな状態を定着させる秘訣だとか。一度片付けた箇所も、日々暮らしながら、使いながら、より快適な形を模索してアップデートする。

片付けを開始してから約1ヶ月が経過。ひとしきり家中のものを撫で終わったら、物を探さなくなった=時間が短縮できる。家の片付けは、暮らしの編集でもあるのだと感じた。あ~、快適!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

お茶のきもの

Imgp4051 Imgp4052 あまりのブログの放置状態に反省。「忙しい」という言い訳を封印し、隙間時間にひさしぶりの投稿。12月4日の護国寺での茶先供養にて、我が茶の湯の師が席を受け持ったため、11月はお茶の稽古に熱が入る。日ごろは温和な師のスパルタぶりに、めげそうになりながらも、珍しく皆勤。

お茶会での装いは、義母から譲られた色無地を染め直したきものに、モダンな有栖川文様の帯を合わせた。

Imgp4053 Imgp4054 この色無地は、白生地そのものが絵羽のように織り分けられている。全体は小花模様で、上前の部分にだけ青海波が入っているもの。譲られた際は地味な藤色で、しかも綸子地なので「これはお蔵入りか・・・」と思ったが、地紋の面白さに惹かれてなんとかお直しできないかと考える。

お直しのアイディアの宝庫である京都の染めの水口さんに相談する。

Photo 最初は、こんなワインレッドにしたいと思ったが、水口さんは「地味になる!」と猛反対。ワインレッドなら、もっと年齢を重ねてからでもよいといわれて、淡い色のセレクトにシフトする。水口さんのおすすめは、緑味を帯びた水色。「新橋色」のような色である。染め上がりはご覧のとおり大成功。思いもよらないお気に入りの一枚となった。単に新しいものを購入するのとは違う、過程を楽しみに、思いを重ね、試行錯誤する。これぞ、お直しの醍醐味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »