« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

ふたりの音楽家

517wppxe17l__sl500_aa300_先週末、ふたりの音楽家の存在を知った。お恥ずかしながら二人とも知れば知るほどとても著名な故人。ひとりは、武満徹(1930-1996)だ。建築家の友人から意見を聞かせてほしいと届いたプレゼン資料の中に「サイレント・ガーデン」という美しい散文があった。静かにはりつめたような耽美な表現に、心を揺さぶられた。原文を全て読んでみたいと思ってさっそくアマゾンで注文した書名は、散文と同じタイトルの『サイレント・ガーデン』(新潮社)だ。まず、なんといっても装丁が美しい。畝のある温もりを感じるハードケースには、裏表ともに小窓が設えられている。本は両扉の構成になっており、片側は闘病生活を記した<滞院報告>、もう片方は氏が“滞院”中に書いた料理のレシピ集<キャロティンの祭典>。題名が小窓から控えめに顔をのぞかせる仕組みが、なんとも心憎い。ケースから出すと、本は薄紙を纏い、扉裏の中台紙は片側が冴えたラベンダー色、もう片側がローランサンピンク。この驚くほど凝った贅沢な仕立は、編集者の武満氏へのオマージュそのものだ。レシピ集はこれからの日々にいかすとして、<滞院報告>はあっという間に読了。切実にして誠実な氏の言葉は、胸に迫り、沈黙の涙を誘った。

980gould17 もうひとりは、カナダのピアニスト、グレン・グールド(1932-1982)。グールドが演奏するバッハの<ゴルトベルク変奏曲>の旋律を聴き、映像を見て衝撃を受けた。真に価値あるものに触れたときには、理屈抜きに一気に心を掴まれる。早速CDを求めに行くと、ちょうど没後30年の特集コーナーが設けられており、CDとDVD、書籍を求めた。私が購入した<ゴルトベルク変奏曲>のCDは、1959年のザルツブルクでの音楽祭の演奏を録音したもの。スピード感のある端正さ、ハツラツとしたハミングや独特の遊び心が感じられる。You Tubeで検索をして、他の年代と聞き分けると、55年に録音されたものは、ポリフォニー体系を駆け抜けた若い才気に満ちた音色。そして、81年の録音は、着実なる確実を重ねたグールドの叡智と再構築したバッハの創意が見事に調和している。音色の熟成は、毎日バッハを弾いたというグールドだからこそ出せるものなのだろう。

武満とグールドは、直接交わることはなかったが、調べてみると微妙に関係性がクロスする。グールドがこよなく好み、なんと100回以上も見たという勅使河原宏監督の映画『砂の女』の映画音楽を担当していたのが武満。そして、武満の最後の作品となったフルートのための<エア>では、グレン・グールド賞を受賞している・・・。この2~3日で得た情報だけでも、知るほどに深く引き付けられる。しばらくは、ふたりの音楽家に心を奪われそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

初夏の光

120520_101801_2 朝市に行こうと思って扉をあけ、あまりの陽射しの強さに日傘をさして出かける。まだ肌寒い季節に撮影で使ったものを買い取った新しい日傘は、ピンクがかったベージュで、縁取りのレースがとっても乙女。肩にひょいとかけて、クルクルまわしたくなるくらい心躍るデザインだ。

鼻歌混じりに駅前まで歩くと、お目当ての八百屋さんと花屋さんが今日はお休み。・・・こんな日もある。宙ぶらりんな気持ちのまま家路につく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

夜、仕込みます

Imgp4327 グレープフルーツが美味しい季節。皮を剥いてお砂糖を少々かけ、冷蔵庫で一晩おいたものを朝いただく。クラッシュアイスの上にのせて、梅シロップをかけると、ちょっと大人味に。昨晩ビルボードライブ東京で聞いたアーロンネビルのファルセットボイスの余韻に浸っていたら、溶けた氷と梅シロップが調和して一石二鳥のドリンクに。二日目酔いの朝にちょうどよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

青いヤギ

Mini_120512_16490001 Imgp4326 昨日訪れたのは国立新美術館。お目当ては、セザンヌでもエルミタージュでもなく、私の60代エンジェルズのひとり、染色家のtomiさんが出展している国展だ。

多くの型染めのタペストリーが並ぶなか、遠めに見て、色の調和がダントツ可愛い!と思って近寄り、リリカルな図案に「Waoh!」と唸った作品がこちらの「青いヤギ」。作者名を見たら、お友達のtomiさんだったので二重の悦びだった。チャリティーコナーには、tomiさんがこれまで染めた端烈をつかった手作りのチャームが売られていた。ざっくりと取り合わせようで、しっかりとクリエイトされているバランスはさすがアーティスト。私もひとつお買い上げ。

Imgp4325 そんなtomiさんへのプチプレは、6cmほどの立方体のBOXに収められたオキザリスの球根。彼女なら、毎日素敵な言葉をかけて、きっとキュートな花を咲かせるに違いない。愛猫に食べられさえしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

時短名品

Imgp4323 名品・・・って言うほどじゃございませんが・・・。夏はコレさえあれば!というほど好物のグァカモレ。オニオンスライスにのせて、トマトも一緒に盛り付けると1分で立派なサラダに。熟したアボガドにクミンシードとチリパウダーをブレンドするだけで簡単に作れるが、一度手抜きを覚えると、このお手軽パウダーが欠かせない。お店であれば「とりあえずビール!」というセリフが枕詞となる味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

<araiso>

Imgp4321 昨日は朝から椿山荘でロケ。青葉が眩しい季節は、おのずと呼吸も深くなる。自宅から徒歩圏内での撮影だったゆえ、お茶の稽古にはきもので。風炉の季節を迎え、また少し気持ちが新たになる。帯は6年近く前に「十六夜展」で求めた荒磯文様。波間に踊る鯉の文様は、古来より茶人に親しまれている名物裂。・・・なのだが、ここまでデフォルメしてポップな配色で織りあげた洒落袋帯となると<araiso>と表現したくなる。今日はこれから東郷神社界隈でのロケ。どうか午前中のお天気がもちますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

十六夜キモノ展

120511 Imgp4319 珍しく本日2度目のブログ。のんびり最初の記事をアップした頃に1通のメールが届く。10年来の大好きな大人のお友達、みち子さんからのメールで、「キモノ展ノ告知活動ヲセヨ!」とのこと。

ということで、5月11日(金)~13(日)まで、浅草橋のルーサイトギャラリーに、古き美しきキモノたちが丁寧なお手入れを経てやってきます。私の着物ワードローブの半分は、みち子さんにお見立ていただいた、といっても過言ではないほど。古典のよさに、知性と遊びが見え隠れする、いとしのキモノと帯たちが、大川を望む二階家にお出であそばします。なんといっても、年に2回ですから、お見逃しなきように。私の経験から言うならば、どんなに財布の紐を硬く結んでいっても、帰る頃には必ず解けている。ならば、無駄な抵抗はせず、最初から紐を緩めて行くべきです。

と、こんな宣伝文句でよいのだろうか。皆様、ぜひお運びを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SANDII♪

Imgp4316 半袖の季節が近づくとSANDIIを聞きたくなる。アコースティックギターのような、金管楽器のような、透明感のあるアナログな響きが美しいSANDIIの声を聞いていると、まったりとして仕事が進まない。それでも、いろんな締め切りは迫りくる・・・という現実をぼんやり実感。わずかなGWで、すっかり浦島さんになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »