« ロンドンでアート三昧~その1 | トップページ | ロンドンでアート三昧~その3 »

2012年10月 3日 (水)

ロンドンでアート三昧~その2

Imgp4627 2008年にチェルシーの再開発地区に誕生し、イギリス現代アート界の黒幕とも言われるチャールズ・サーチのコレクターズギャラリーとして知られる「サーチ・ギャラリー」を訪れる。アジアのアーティストの収集に熱を入れ、その数3000点を超える美術館規模のコレクションが揃う。



Imgp4635 気鋭の中国人アーティストの作品の中でも、印象に残ったのは、フレームかドレスの裾が流れ出たウエディングポートレートの作品。溢れる幸せを描いたのか、富の虚栄を表現したのか・・・。美しくも、ちょっと怖い作品だった。






Imgp4629_2 ユニークなチェスばかりを集めた部屋では、彌生ちゃんの水玉カボチャのチェスも肩を並べていた。これらの作品が全て無料で見られ、しかも写真を撮ったり、子供たちが自由にスケッチをしたり、人々が気ままにアートを楽しんでいる光景が、何より新鮮だった。

|

« ロンドンでアート三昧~その1 | トップページ | ロンドンでアート三昧~その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンでアート三昧~その2:

« ロンドンでアート三昧~その1 | トップページ | ロンドンでアート三昧~その3 »