« 終わりかけの美 | トップページ | シャネルのバッグ?! »

2013年1月27日 (日)

睦月のきもの

Imgp4920 Imgp4921
1月は清雅な色を纏いたくなる。初釜には藤紫、お茶の稽古には柳色。考えてみたら藤も柳も春の木々。凍えるほど寒い毎日だか、気持ちは春を寿いでいるのだろう。






Imgp4922
こちらは3月発売のきもの専門誌『七緒』で雨ゴートの取材を受けた際の装い。コートの取材なので写りはしないのだが、枝垂れ桜の染め帯で心を春へと向かわせた。雨の日のきものでの外出はただでさえテンションが下がる。濡れた路面の跳ね返りを気にして雨天の際には濃地のきものを着る人が多いが、私はあえて白いきものや雨をイメージした水玉模様のきものを選ぶことが多い。せめて装いから自分も一緒にいる人も晴れやかな気分で包みたいと思うからである。

|

« 終わりかけの美 | トップページ | シャネルのバッグ?! »

きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181660/56636362

この記事へのトラックバック一覧です: 睦月のきもの:

« 終わりかけの美 | トップページ | シャネルのバッグ?! »