« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月19日 (火)

模様替えモード

Imgp4983 週末、きものの取材を受けた際に訪れたギャラリーSU。築80余年の和朗フラットの佇まいといい、家具や作品のセンスに至るまで、高揚感がおさまらないほど素敵だった。暮らしまわりを、少しずつ丁寧に好きなもので揃えたい、そしてささやかなアートに囲まれたい。そんな長年の思いが、40歳を過ぎてやっと少しずつ足並みが揃ってきたように思う。

SUさんでは思わぬ出会いが多く、ちょっと奮発してしまった。まず、連れ帰ったのが赤木明登さんの緑青の漆板。壁かけにも、敷板にもなるアイテムで、私はステンレスのホルダーに挟んで月次花御札をかけることに。石垣島の珊瑚を花入れに見立ててドライフラワーを飾ってみた。

Imgp4984 もひとつ連れ帰ったのは、林 友子さんの泥彩のオブジェ。額縁の一辺ずつをばらしてオブジェにしたもので、掛け方によって様々なリズムを刻んでくれそうだ。泥彩のマットな落ち着いた柔らかい色味も素敵。







Imgp4985 そして、実際の作品は連れ帰れなかったけれど、心を打つ深い静けさを湛えたロベール・クートラスの“カルト”。いつかは一枚は手にしたい。私にとっては、ちょっとだけ贅沢な価格だったので作品集を求め、コピーをして額装した。本物とは放つ空気が違うものの、佇まいはなかなかに仕立てられた。しばらくは、こちらを楽しむことにする。





ひと匙のアートが加わるだけで、慌ただしい日常にほっとできるポケットができた。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

アンバランスが好バランス

Imgp4923 Imgp4924

以前、大好きな60代エンジェルズの一人、染色家のTさんの家に遊びに行ったときのこと。リビングで真っ先に目に飛び込んだのがカーテンホルダーの位置である。かなり上目につけていたのだが、そのバランスが絶妙にお洒落だったのだ。素敵なことはすぐに真似したくなる性分。さっそく試してみたが、カーテンと共布の市販のホルダーでは様にならない。そこで、使わなくなったネックレスで巻いてみたら、棚の金具のゴールドともリンクしてぐっと華やいだ。試しに下目にもつけてみたが、リビングの天井がちょっと高めの我が家には、なぜだか上目バランスのほうがモダンに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »