« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月20日 (水)

ひんやりプチプレ

2_3朱夏の太陽が心地よく感じるのは、玄関を開けて3秒まで。駅までの道すがら、はたまた打ち合せの移動途中、燦々と降り注ぐ陽光とアスファルトからの照り返しのWパンチで、毎日へろへろだ。この時期のお手入れに欠かせないのがUVケア。特にショートカットでハト胸の私は首の後ろやデコルテなど、気づかぬうちにかなりの紫外線を蓄積する。クリームや乳液タイプのものは、どんなにテクスチャーが軽くなったとはいえ、ベタベタ感が否めないので、最近のお気に入りはパウダースプレーのタイプ。「ワンダーハニー」の<アロマUVカットスプレー フラワージェル>は冷涼感があるため酷暑から一時エスケープできる。さらに、甘いフラワーブーケの香りによって汗の匂いもケアでき、白浮きもベタつきもないので髪にもスプレーでき、外出の直前に使える超便利アイテム。外回りの営業で頑張っている後輩にぴったりのプチプレ。男性には、<シトラスソルベ>の香りがおすすめ。

「ワンダーハニー」<アロマUVカットスプレー フラワージェル>60g 1400円

*ソニープラザやセレクトコスメコーナーで取り扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

月日を贈る

4月の満ち欠けをデザインした風呂敷を見つけた。刻々と移りゆく時の流れをリズミカルに表現した神秘的な一枚だ。どんなに時代が変遷しても、不変的な存在であるお月様。宇宙の物差しで見れば、毎日私たちの身の回りにおこる出来事、仕事や家族間の悩み、抗いがたい自然災害などは、ほんの一瞬のことに過ぎないのだろう。そんなことは、わかっていても小さな歓びや躓きに一喜一憂するものだ。だからこそ、宇宙の時の流れを目で追う事ができるお月様を見ると、ちょっと“ケセラセラ”な気持ちになる。そこで「頑張って!」「ゆっくり進めば大丈夫」と励ましたい友人や後輩に、月の満ち欠けの風呂敷をプレゼント。少し大きめな70cmサイズは、お膝掛けとしても重宝するので、きものをお召しになる目上の方にさしあげても喜ばれる。

濱文様 「ふろしき(中布)〜ひと月」1080円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

田舎景色

3_2 4_2昼間は実りの情景と、鮮やかな色のエネルギーに満ちて。






26夜は村ごとに異なる風情を魅せるお祭りを梯子。土地に根付いた祭囃子と子どもから熟練の踊り手たちの熱気が心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景色を贈る

Img_2397心躍る夕焼けを見つけると誰かと共有したくなる。写真に撮って、お裾分け。これも、立派な贈り物なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

夏の元気

3太陽の恵みが凝縮したプチトマトが実家から届いた。夏の元気、御馳走さまです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

しなやかに潤う

Photo_2約90年前に創業者自らが養蜂を行い、ハチミツとローヤルゼリーを乳化して顔用のクリームを開発した「ホーケン化粧品」。コツコツと、連綿と続く真面目な物作り、ユニセックスで洗練されたパッケージで、男女を問わないナチュラルギフトとしておすすめのブランドだ。かくゆう私もトリートメントリップスを愛用。ちまたのハニーリップは、蜂蜜を売りにするあまりベタベタなテクスチャーかつテラテラをした光沢があまり好きになれなかった。こちらの製品はアルガンオイルも配合され、すぅーっと唇に馴染んでベタつかず、それでいて保湿力は抜群。天然オレンジ油の香りも爽やかである。仕事をシャカリキに頑張っている後輩へ、潤いチャージのプチギフトに。

HONEYXトリートメントリップス 5.5g 1800円
http://www.ho-ken.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

祝いの品と一緒に、外身も贈る

Img_2385風呂敷は大切な品物の包み、運ぶ暮らしの道具であるだけでなく、最近では中身のギフトを包むラッピンアイテムとして、または品物に添えるもう一つのギフトとしても使われている。私のお気に入りは、一目で寿ぎの気持ちが伝わる水引から着想を得たデザイン。受け取った人の歓びが増す祝いのカタチは、引出物の添える足し算アイテムとしてもおすすめしたい。

ハレ包み片身替り アカ(約50cm)
本体価格:600円
http://www.musubi-online.com/fs/furoshikimusubi/c/series12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »