« 和洋に活躍のサブバッグ | トップページ | さくまドロップスの憂い »

2017年10月 6日 (金)

秋雨のバッハ

20171006_191241訪れたセレクトショップで流れていた清水靖晃さんのバッハ無伴奏組曲。砂漠に水が染み込むように(実際はその様子を見たことはないが)、耳に、脳に、心に響いたサキソフォンの音色。

このところバッハばかり聴いている。もともと好きだったのだが、秋だから、だろうか?何かに祈りたいのだろうか?チェロを中心に、ゴルトベルク変奏曲はグールドのピアノと決めて、同じものをリフレインしていた中で、全く新しいバッハが突然やってきた。お店の方に教えていただいた『CELLOSUITES』を早速ダウンロード。大理石のような石の空間の響き渡りをを感じるな、と思っていたら、大谷石の地下採石場で録音されたという。よーく聞くと洞窟で水が滴るようなヒタヒタという音が聞こえる。すごいな、このひと。

20171006_191220

すっかり清水さんのバッハの世界に心酔し、ネットであれこれ調べていたら、ゴルトベルク変奏曲も2015年にリリースしている。独自の解釈で編曲を加えながら構成したという。早速、試聴。即刻、購入。グールドのピアノが奏でる湖のような静かな奥行きとは全く異なる。子守唄にしては「とても寝ていられない」くら心躍る音が繰り広げられている。すごいな、このひと。今回の録音場所は、岐阜のサラマンカホールだという。コントラバス4本とサックスのアンサンブルなのだが、何の楽器かわからないけど、空間で遊んでいるみたいなサウンドが美しい。やっぱり、すごいな!この人。

|

« 和洋に活躍のサブバッグ | トップページ | さくまドロップスの憂い »

ギフト(自分へ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181660/65882139

この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨のバッハ:

« 和洋に活躍のサブバッグ | トップページ | さくまドロップスの憂い »