2013年3月24日 (日)

コスメマグ

Imgp4930 乾燥するこの季節、ハンドクリームやリップバームなどデスクまわりに潤いアイテムは欠かせない。バラつく小物を大きめなカフェオレ・マグに入れたら、なんともキュートな顔立ちに。昔、海外ドラマで見た『アリーmy love』のアリーのデスクに置いてあったキャンディー・ボールを思い出した。潤いアイテムに、甘いもの。どちらも働く女子には欠かせない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

ゴボウ茶

Imgp4191 ISIS編集学校の「破」のクラスが開講し、猛烈に早朝稽古をしていたら、知恵熱が出そうなほどぐったりしてきた。まだ、1週間なのに、「守」より格段に求められることが高く、ちょっと息切れぎみ。なんとか元気になろうと、ゴボウ茶を作ってみた。ピーラーで削って、半日以上干し、フライパンで炒れば、香ばしくてポリフェノールたっぷりのお茶となる。猪突にお茶作りに熱中したら、これまたグッタリ。私には、ペース配分という学習能力が欠けているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

夏バテは気から!

Imgp3921 先日テレビを見たら、精神科医が「夏バテを解消するには、夏に楽しみを見つけることです」と仰っていた。なるほど。私の場合、「夏になったら、あのワンピースが着られる」「秋にはあのコート」「冬の3ヶ月しか締められない帯」「春爛漫の桜のきもの」などと、ノーテンキな小さな楽しみがあると、どん底に落ちるほどのバテ方はしないのかもしれない。確かに暑くて大変だけど、それを逆手にとって楽しむ方法はいくらでもあるはず。例えば、エネルギッシュな赤いワンピースを着て薄暮からシャンパンを楽しむとか?・・・考えただけでもテンションが上がる。単純な思考回路も、時には役立つ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

虚無僧のように・・・

Imgp3920 体力が消耗しているこの頃、幼少期に築き上げたふくらはぎの“ししゃも”はどこへやら。週に2回は自分でややキツイと思える運動をしたほうがよいと、夫曰く。そんな夫は、10キロ増の体重と戦うべく、週に3回ほど走っている。偉い!私はというと、走るほどの根性はなく、しかたなしに歩くことに。何事も形から入る私には、去年買ったユニクロのスポーツウエアやら、一昨年に買ったリストバンドやら、その前に買ったスニーカーやら・・・準備は万端である。この夏新たに買い足した日よけハットをかぶり、ウォークマンでイタリア語講座を聞きながら汗だくになって歩いている。つばの深い帽子ゆえ、顔もうなじも隠れるほど。編み込みの隙間から前方を確認しながら歩いているので、向かい側から来る小学生などは怖がって自動的に除けてくれる。ありがたい。

その成果か、食事への心配りの成果か、GW前後に驚愕した5キロ増だった体重も4キロほど戻った。数字に表れると俄然やる気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

ガッテン姉妹

Pic_s_01_l 毎週水曜日の夜、NHKで放映されている『ためしてガッテン』は、母にとっての『家庭の医学』である。今週の番組を見た直後、母からすごい勢いで電話がかかってきた。肌の過剰なお手入れについて、滔々と諭され、ほんのわずかな化粧水と、保湿クリームだけのお手入れをするようにとの助言。たまたま妹が遊びにきていたので、夜21時過ぎ、母の助言に従い近所の薬局へ。以前もブログで紹介したユースキン製薬のクリームを買いに行く。

ガッテン母にすぐに影響される、ガッテン姉妹。なんでも「良い、効く、きれいになる」と聞くとすぐに試してみたくなる実験好きのDNA。ガッテン情報によると、効果のほどは、3週間後にあらわれるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

錆びない

Photo 猛暑のせいか、冷たいものばかりを胃に送り込んでいる。だが、このままではマズイ。夏バテする前に、少しブレーキをかけ、自宅では極力温かいものを飲むように心がけている。以前ご紹介した下堂薗の生姜紅茶とともに愛飲しているのは、荒川聡子さんのハーブティー。全8種類あり、只今あれこれお試し中。今日は体を錆びにくくするハーブとスパイスをブレンドした「07」。ルイボス、レッドワインリーフ、セージ、シナモン、ネトル、カルダモンが使われており、滋味深い風味で飲みやすい。じんわりとした温感も心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

生姜紅茶

100731 下堂園という鹿児島の老舗茶園の「生姜紅茶」を手土産にいただく。茶葉はなんと屋久島産。屋久島で紅茶が栽培されているとは、実に意外だった。飲み口はスッキリ、香りも爽やか、さりげない生姜のフレーバーが心地よい。この暑さでクラー漬けになっている体を、優しく包み込んでくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

忘れかけていたこと

Photo この数ヶ月、我を忘れるほど、怒涛のような仕事の渦に巻き込まれていた。ブログの更新ができないだけでなく、仕事以外の本を読むこともままならず、体のメンテナンスも怠り、人と会っていても大好きなきものの展示会に行っても気はそぞろ、食べることや深く呼吸することすら忘れていた。GWに田舎へ帰り、少しもちなおしたように思えたのもつかの間。仕事のロスタイムをなくそうと、モバイルPCを求め、資料作成のためにスキャナーを設置し、自宅のパソコンもリニューアルしたら、仕事は加速したのだが、気持ちのゆとりがなくなった。

すると、人間の体は素直に反応する。足の甲に不思議な湿疹が表れ、膝から下がパンパンにむくんだ。マウスのクリックのし過ぎで右手は腱鞘炎ぎみ、首や肩、背中は痛みも感じないほどガチガチ、顔のむくみもまったく抜けない。今までは、入浴や睡眠でなんとかコントロールできたのに、今回はまったく効かない。年齢を重ねるということは、精神的には楽しいのに、体力的にはやはり辛いものがある。

このままでは、さすがにまずいと思い、信頼しているアロマセラピーサロンへSOSを出した。この土日に片付けなければならない<to do list>を気にしながらも、わりきって時間をかけて全身マッサージをしてもらう。体を覆っていた何層もの板がやっと1枚剥がれ落ちた。自分でもきちんとメンテナンスできるようにマッサージオイルを作っていただき、朝目覚めたときに元気になれるボディーリフレッシャーと、自宅で心地よく仕事ができるようにルームリフレッシャーも調合していただいた。

ということで、今朝は嘘のように軽やかな目覚めときたもんだ。マッサージはもちろん、昨晩たっぷりと食べた蒸し野菜や、寝る前の呼吸法など、さまざまな要素がバランスよく働いてくれたようだ。1日は24時間。仕事に追われていると心のゆとりを持つことを、つい忘れてしまう。でも、実はきちんと働くためには、意識的にねじを緩めてあげないと、心も体もうまく回らない。これをきっかけにまた少し自分自身に耳を傾ける大切さを改めて考えさせられた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

京都べっぴんさんの素

100214 旅行に行くと、その土地の特産品探しについアンテナが反応してしまう。食べ物はもちろん、地元コスメも必須のチェック項目。錦市場にあるナチュラルコスメ店で見つけたのは「オリーブ果汁水」。京都が産地ではないのだが、妙にきになった。お店のぽっぷにも「知らないうちに、クチコミでバカ売れ」と書いてある。手にテスターをつけてみると、少し臭いが気になったが、店員さんは「オリーブの果実の香り」だと言う。信じて購入してよかった、かなり使い心地がよい。これは、レギュラー入りするかしら?お値段は1050円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

潤ってます

091218 この1ヶ月ほど愛用しているスキンケアがユースキン。洗顔後にサンタマリアのローションとオイルをつけた後、ユースキンで締める。ユースキンというと、アカギレなどにつける黄色のクリームを想像されるだろうが、それはユースキン「A」シリーズ。私が使っている「S」シリーズは、スキンケア用なので、テクスチャーも軽やかで、肌への浸透性&保湿力が高いのに、べとつかないのが気に入っている。

ドラッグストア・コスメにハマっているという、同世代のモデルさんからの情報なので、試す価値あり!価格がリーズナブルなことも魅力だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧